健康を保つには?

あなたの身体の60%以上を占める
水分の流れを良くすることは
あなたの健康へとつながります

健康をどう考えていますか?
健康をどう考えていますか?
健康とは何か?免疫力が高い状態とは?
ストレスって実はなに?

ストレスの本来の意味はもともと物理の用語に由来していて、加えられた圧力や刺激をストレッサーといい、ストレッサーによって物質が変化し劣化することをストレスというのです。この物理現象を人体に適用して「外からのすべての刺激に対して、体が変化し、疲労し、劣化していくことがストレス」としているのが、セリエのストレス学説です。

その身体的なストレスにも、体の外からかかるストレスと体の中で起こるストレスがあります。

体の外からかかる身体的ストレスを負担の大きい順にいうと…

◇ 重力に逆らう運動などによるもの
◇ 気候や温度、湿度の変化によるもの
◇ ウイルスや細菌など病原菌の感染によるもの
◇ 排気ガス、薬、酒、タバコなど化学物質によるもの
◇ 騒音など、物ではない環境要因によるもの

◇ 精神的刺激、苦痛によるもの

不健康の大きな原因のようにいわれる精神的ストレスが実は一番負担が小さいのです。
仕事やスポーツ、買い物や食事をとることもストレスになります。食事は栄養補給になりますが疲労の原因にもなります。

でも、同じストレスがかかる同じ環境にいても、その影響を強く受ける人と受けない人がいます。それは、生まれつきの問題である体内の圧迫ストレスがあるからです。

◇ 先天的要因によるもの
最初で最大の圧迫ストレスは、胎内にいるときに頭蓋骨にかかる重力と胎内(子宮)の圧力です。遺伝子と圧迫ストレスの問題で、頭蓋骨と深筋膜が捻じれて曲がることで、その人の一生を左右する体質と体力が決定されるのです。

◇ 蓄積疲労によるもの
疲労が蓄積する原因は睡眠不足です。疲労しても睡眠でその疲れがとれればいいのですが、実際は多くの人が睡眠不足です。長い時間寝ても疲れがとれないのは、脳の持続的な圧迫ストレスにより、疲れがとれる「質の良い睡眠」にならないからです。

◇ 体内ウイルスの影響によるもの(HHV6など)
疲労により代謝障害が起きると、特に流れの悪い部分(内臓や筋肉など)で体内ウイルスが増殖し、炎症を起こし、硬化していきます。そして、その部分は他より老化が進みます。

近年の気候の激変やウイルスなどの問題と、日常生活による身体的な疲労の蓄積や睡眠不足にともない、脳の圧迫ストレスが強くなることで生命力が低下して、身体は不健康な状態になっていくのです。 
あっちこっち悪いと痛くない?

病気はある日、突然発症するのではありません。睡眠不足や疲労の蓄積により、生命力・免疫力が低下した結果として発症するのです。

たとえば、このごろ疲れやすいと感じてもそれだけで病院へ行く人はいないと思います。仮に病院へ行っても、検査で問題がなければ何の治療も行わないのではないでしょうか。
そして、しばらくすると疲れていることが普通の状態と感じるようになるのは、疲労の蓄積により感覚がマヒしてしまうからです。

原因がなく症状不調が起こることはありません。身体の不調や症状ががあるときは、必ず免疫力が低下しています。
そして現在は、気候の激変やウイルスなどの影響による疲労の蓄積で、多くの人の生命力・免疫力が低下しています。

痛いことは確かに辛いことです。でも、痛い辛いことだけが症状ではありません。
なぜなら、生命力が低下すればするほど、すべての生命活動が減退して、体調が悪くても痛い辛いなどの症状は感じにくくなるからです。

真の健康を考えるなら、症状を楽にすることだけを考えるのではなく、生命力を高め身体が持つ本来の機能をとり戻すことが必要です。 
生命力・免疫力とは何なのか?

生命力とは、生きていくためのすべての力であり、免疫力や自然治癒力、回復力など、身体の治る力はすべて生命力のことです。

そして、免疫力が何かをわかりやすく説明するならば「細菌、ウイルス、悪性新生物(ガン)などから体をまもる力」となるでしょう。

では、免疫力の根源とは何か。
それは、体液の流れです。
生きているということは代謝があることです。代謝には体液の流れと組織の細胞の代謝があります。

免疫力とは、体液の代謝(流れ)によって栄養と酸素の供給を行い、老廃物や炭酸ガスの排出によって、組織、細胞の機能を正常に保つことです。

体液の流れが悪くなると栄養と酸素の供給が減少し、炭酸ガスと老廃物の排出が悪くなります。結果として、体内の病原菌やウイルスが増殖し、体外から入ってくるウイルスや細菌に対する抵抗力が弱くなります。これが免疫力の低下です。

体液の流れが良くなると栄養と酸素の供給量は増加し、老廃物と炭酸ガスの排出は盛んになり、結果として、ウイルスや細菌に対しての抵抗力が増加します。これが"免疫力がアップする"ということになるのです。

体液の流れが悪くなると免疫力は低下し、体液の流れが良くなると免疫力がアップするのです。